コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立語 ドクリツゴ

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐ご【独立語】

国文法で、文の成分の一。文の成文の他のものと直接関係することがなく、文中で比較的独立しているもの。文中に用いられた感動詞接続詞など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくりつご【独立語】

文の成分の一。主語と述語、修飾語と被修飾語のように、他の成分と特定の関係をもつというようなことがなく、文中で比較的独立しているものをいう。「そして」「しかし」など接続の関係を示すものや、「ああ」「はい」「お母さん」など感動・応答・呼び掛けなどを表すものが独立語となる。なお、これらのうち、接続の関係を示すものは接続語として、別に扱う説もある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の独立語の言及

【修飾語】より

… 以上,単語のなかでもっぱら修飾語としてのみ用いられるものを副用語という。またある文節(連文節)が他の文節(連文節)に対して修飾・被修飾の関係(主述関係をふくむ)または対立の関係をもたないとき,これを独立語(部)という。【阪倉 篤義】。…

※「独立語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独立語の関連キーワードヤノアマ族被修飾語ヤノアマ国文法接続語述語文型

独立語の関連情報