コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭井佐夜 さいの さよ

1件 の用語解説(狭井佐夜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狭井佐夜 さいの-さよ

「播磨国(はりまのくに)風土記」にみえる豪族。
物部(もののべ)氏の同族。仁徳(にんとく)天皇のころ,おごったふるまいをした伯耆(ほうき)と因幡(いなば)の豪族を召喚するために派遣される。豪族とその一族をすべて捕らえ拷問(ごうもん)するが,連行者のなかに執政大臣の娘がふたりいたので,おどろいて本国へ送還したとある。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone