コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭食性 きょうしょくせい

1件 の用語解説(狭食性の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狭食性
きょうしょくせい

動物の食物の選択範囲が狭いことをいい、広食性の対語。選択範囲が非常に狭くて特定の種あるいは属の生物を食べる場合、とくにこの性質を単食性という。狭食性の動物は、特定の性質の食物をとるのに適した形態や行動を示すことが多い。食物の選択範囲が狭いので、すみ場所の環境変化に弱いと考えられる。クワの葉を食べるカイコがこの性質を示す動物に含まれる。また昆虫採集の際に、まず虫の食草を探すことが多いことからも知られるように、植物を食べる昆虫は狭食性のものが多い。[高村健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の狭食性の言及

【食性】より

… これとは別に,食べている生物の種類の多少に着目した食性の分け方もある。それは,単食性monophagous(ただ1種の生物しか食べない),狭食性stenophagousまたは少食性oligophagous(少数種の生物を食べる),広食性euryphagousまたは多食性polyphagous(多数種の生物を食べる)という区分であって,動物生態学では重要な概念である。 なお,食性と採食習性,つまり何を食べるかと,どうやって食べるかは,基本的には別の問題だが,しばしば混同されている。…

※「狭食性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone