猛省(読み)もうせい

精選版 日本国語大辞典「猛省」の解説

もう‐せい マウ‥【猛省】

〘名〙 深く反省すること。きびしい態度で自己の過ちを悔いること。
※正法眼蔵(1231‐53)一顆明珠「脚指を石に築著して、流血し痛楚するに、忽然として省していはく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android