自省(読み)ジセイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐せい【自省】

[名](スル)自分の言動を反省すること。「深く自省する」「自省の念」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じせい【自省】

( 名 ) スル
自分の言動を自ら反省すること。 「 -の念が起きる」 「己は地獄を買つてゐると-する態度が/青年 鷗外」 〔同音語の「自制」は自分で感情・欲望などを抑えることであるが、それに対して「自省」は自分の言動を反省することをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自省の関連情報