コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自省 ジセイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐せい【自省】

[名](スル)自分の言動を反省すること。「深く自省する」「自省の念」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じせい【自省】

( 名 ) スル
自分の言動を自ら反省すること。 「 -の念が起きる」 「己は地獄を買つてゐると-する態度が/青年 鷗外」 〔同音語の「自制」は自分で感情・欲望などを抑えることであるが、それに対して「自省」は自分の言動を反省することをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自省の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌ネクラーソフ(Viktor Platonovich Nekrasov)マルクスアウレリウスアントニヌス省察録[マルクス・アウレリウス]アンリ・F. デュパルクギリシア哲学史(年表)マルクス・アウレリウス総合年表(ヨーロッパ)マルクスアウレリウス超人機メタルダーチベット問題空華日工集中曽根康弘空蝉・空蟬篠田正浩橋本左内野中兼山白井宗因費孝通曽国藩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自省の関連情報