猪熊夏樹(読み)いのくま なつき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪熊夏樹 いのくま-なつき

1835-1912 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)6年6月1日生まれ。猪熊浅麻呂の父。家職は讃岐(さぬき)(香川県)白鳥神社の神主。友安三冬(みふゆ),友部方秀(まさひで)にまなぶ。京都白峰宮(現白峰神宮)の造営につくし,慶応4年の創建とともに宮司となる。明治5年伊勢神宮の神楽改正取り調べを命じられる。23年から京都府立第一高女教諭。大正元年8月7日死去。78歳。号は瑞枝舎。著作に「訂正増註源氏物語湖月抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android