コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献帝[後漢] けんていごかん Xian-di; Hsien-ti

1件 の用語解説(献帝[後漢]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

献帝[後漢]
けんていごかん
Xian-di; Hsien-ti

[生]光和3(180)
[没]建興12(234)
中国,後漢最後の皇帝 (在位 189~220) 。姓名は劉協。父は霊帝,母は王美人。霊帝の没後少帝が即位したが,軍閥の首領であった董卓は少帝を廃して献帝を立て,都を長安に移した。初平3 (192) 年,董卓が殺されると,再び洛陽に帰ったが曹操に迎えられて許に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献帝[後漢]の関連キーワード外山光和没・歿勃・歿・没日光和楽踊り北海道釧路郡釧路町光和北海道根室市光和町建興寺埼玉建興大井建興

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone