コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献帝[後漢] けんてい[ごかん]Xian-di; Hsien-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

献帝[後漢]
けんてい[ごかん]
Xian-di; Hsien-ti

[生]光和3(180)
[没]建興12(234)
中国,後漢最後の皇帝 (在位 189~220) 。姓名は劉協。父は霊帝,母は王美人。霊帝の没後少帝が即位したが,軍閥の首領であった董卓は少帝を廃して献帝を立て,都を長安に移した。初平3 (192) 年,董卓が殺されると,再び洛陽に帰ったが曹操に迎えられて許に移った。曹操は事実上の支配権を奪ったが,最後まで魏王の地位にとどまった。しかし曹操が死ぬと,その子の曹丕 (→文帝) は延康1 (220) 年帝を廃して自立し,ここに後漢は滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

献帝[後漢]の関連キーワード干渉(波)傷害保険オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔ヤシ経度マルクスアウレリウスアントニヌス干渉縞ターンタイプ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android