献替(読み)ケンタイ

大辞林 第三版の解説

けんたい【献替】

( 名 ) スル
善をすすめ悪をいさめて主君をたすけること。けんてい。 「華聖頓ワシントンの維幄に参じ、-する所多し/佳人之奇遇 散士

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐たい【献替】

〘名〙 (「国語‐晉語・九」の「夫事君者、諫過而賞善、薦可以替不、献能而進賢」による語で、「献」はすすめる、「替」は廃するの意) 主君をたすけて、善をすすめ悪を捨てさせること。物事の可否を言上すること。けんてい。
※威奈真人大村墓誌(四天王寺所蔵)‐慶雲四年(707)一一月二一日「卿対揚宸扆、参賛糸綸之密、朝夕帷幄、深陳献替之規」 〔蔡邕‐幽冀刺史久缺疏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる