コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献残焼き けんさんやき

2件 の用語解説(献残焼きの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

けんさんやき【献残焼き】


新潟の郷土料理で、おろししょうがを混ぜたみそをぬって焼いたにぎり飯。そのまま食べたり、番茶や湯をかけて茶漬けにしたりする。◇献上品の残りを使ったことから。また雑兵がにぎり飯を剣の先に刺して焼いた「剣先焼き」が転じたともいわれる。「けんさ焼き」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

献残焼き
けんざんやき

新潟県小千谷(おぢや)地方に多くみられる郷土料理。献残とは献上した残り物の意で、残り物を処理する料理という説があるがさだかではない。握り飯を網の上でこんがりと両面を焼き、おろししょうがと甘みそを適宜混ぜ合わせたものを塗ってもう一度焼く。これを茶碗(ちゃわん)に入れ、熱い番茶を注いで用いる。米がいいので握り飯の味はよく、香ばしい焼きむすびの味は、さらによい。新米のころは一段と味がよくなる。献残焼きはときおり各家庭でつくられている。子供のおやつにもいいし、夜仕事の小夜食にも向く。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献残焼きの関連キーワード卸商じぶ煮生薑酒生薑味噌生薑湯紅葉卸し下ろし酢鰺の叩き卸し富士卸し

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone