コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿渡盛章 さわたり もりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猿渡盛章 さわたり-もりあき

1790-1863 江戸時代後期の国学者。
寛政2年5月22日生まれ。武蔵(むさし)府中(東京都)大国魂(おおくにたま)神社の神主。小山田与清(ともきよ)にまなぶ。大国魂神社の中世以降の記録を整理して「新撰総社伝記考証」をあらわした。文久3年7月1日死去。74歳。号は樅園。著作はほかに「神代俚談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

猿渡盛章 (さわたりもりあき)

生年月日:1790年1月22日
江戸時代後期の国学者
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

猿渡盛章の関連キーワード生年月日猿渡容盛国学者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android