大国魂神社(読み)おおくにたまじんじゃ

  • おおくにたまじんじゃ おほくにたま‥
  • おおくにたまじんじゃ〔おほくにたま〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都府中市鎮座。武蔵総社の地位にあり武蔵国開発の神とされる。六所宮,六所明神ともいう。元官幣小社。祭神はムサシオオクニノタマノカミなど9神。5月5日の例祭暗闇祭として名高い。福島県いわき市にも同名の神社 (元県社) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東京都府中市宮町に鎮座。旧官幣小社。武蔵総社,六所宮ともいい,景行天皇の時の創建という。武蔵大国魂神をまつり,氷川,金鑚(かなさな),秩父などの六社を合祀する。例祭は5月5日で暗闇(くらやみ)祭と称し,7月20日には李(すもも)祭がある。
→関連項目小山田荘府中[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東京都府中市にある神社。主祭神は大国魂大神。ほかに“六所”と呼ばれる武蔵国の有力神6柱(小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神(かなさなのおおかみ)・杉山大神)と、御霊大神、国内諸神を祀る。毎年ゴールデンウィークの時期に行われる例大祭、「くらやみ祭り」が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都府中市に鎮座。大国魂大神を主神として中殿中央に,その左右に武蔵国内諸神,御霊大神を,東殿に小野大神,小河大神,氷川大神を,西殿に秩父大神,金佐奈大神,杉山大神をまつる。主神は武蔵の国魂,すなわち武蔵の国土の霊で,古く国造がまつり,律令体制とともに国司がまつり,古代末期になり,国府に近い本社に国内各神社を請し併せまつったので,ために武蔵国総社,また東西殿の神の数より六所宮ともよばれた。1051年(永承6)源頼義が陸奥の安倍頼時父子を征伐の途次,当社に祈願凱旋のとき御礼のためケヤキ苗1000株を植えたと伝承し,源頼朝が鎌倉に入って以後は本社を崇敬,1182年(寿永1)北条政子安産を祈願のため使者を派遣,以後関東武士の崇敬が続いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都府中市宮町に鎮座。武蔵(むさし)国(東京都、埼玉県、神奈川県の東部)の土地の魂である武蔵大国魂大神(おおかみ)のほか、国内有力神社の小野(おのの)大神、小河(おがわ)大神、氷川(ひかわ)大神、秩父(ちちぶ)大神、金佐奈(かなさな)大神、杉山大神などを祀(まつ)る。創建年代不詳。社伝では景行(けいこう)天皇のとき、神託により創建と伝え、また源頼義(よりよし)・義家(よしいえ)父子が安倍頼時(あべのよりとき)父子征伐の途次、本社に祈願、1062年(康平5)平定の帰途報賽(ほうさい)のため植えたのが、現在に残る欅(けやき)並木と伝える。古代末期、武蔵国の国府に近い有力神社として、国内神社を勧請(かんじょう)されたことで、武蔵国総社、また六所宮とよばれた。源氏以下武将の崇敬も厚く、江戸時代に朱印領500石を寄せられた。明治の制で官幣小社。5月5日の例祭は、夜間8基の神輿(みこし)渡御のとき、灯火を消して行ったので闇夜祭(くらやみまつり)とよばれて有名である。他に4月30日の品川海上禊祓式(みそぎはらいしき)など古式による特殊神事が多い。狛犬(こまいぬ)1対は国指定重要文化財である。

[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東京都府中市宮町にある神社。旧官幣小社。祭神は武蔵大国魂神のほか、国内の一宮から六宮を合わせてまつり、六所宮、六所明神ともいわれる。五月五日の暗闇(くらやみ)祭は有名。武蔵国総社。六社。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大国魂神社の関連情報