コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿若清方 さるわか きよかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猿若清方 さるわか-きよかた

1915-2003 昭和-平成時代の日本舞踊家。
大正4年8月25日生まれ。初代花柳輔三郎に師事。昭和16年猿若伝九郎(中村伝九郎)を祖とする猿若流を再興してして7代猿若舞雀を名のる。22年清方と改名。56年長男清三郎に家元をゆずった。古典舞踊,創作舞踊のほか,商業演劇や映画,テレビなどの振付け,脚本も手がけた。平成15年4月9日死去。87歳。東京出身。本名は堀越実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

猿若清方の関連キーワード座頭市牢破り藤間 万三哉猿若 清方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android