コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村伝九郎 なかむらでんくろう

2件 の用語解説(中村伝九郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらでんくろう【中村伝九郎】

歌舞伎俳優。4世中村勘三郎の後名に始まり6世まである。初世が最も名高く,2世がこれに次ぐ。(1)初世(1662‐1713∥寛文2‐正徳3) 初世中村勘三郎長男勘九郎の子。俳名舞鶴。4世中村勘三郎として7年勤めた座元を1684年(貞享1)に3世勘三郎の子竹松に譲り伝九郎と改名。以後江戸の御隠居と呼ばれる所作事にも秀でたが特に荒事系の劇術に名声を得,初世市川団十郎,初世中村七三郎とともに元禄期江戸劇壇において三幅対の名人と賞される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村伝九郎
なかむらでんくろう

歌舞伎(かぶき)俳優。[服部幸雄]

初世

(1662―1713)初世中村勘三郎の長男勘九郎の子。1678年(延宝6)4世勘三郎を継いで7年間座元を勤めたのち、84年(貞享1)座元を譲り伝九郎と改名、俳優専門となった。88年(元禄1)3月中村座の曽我(そが)狂言で勤めた朝比奈(あさひな)の役が大好評で、彼のくふうした扮装(ふんそう)や猿隈(さるぐま)が現在まで型として伝承されている。また、奴荒事(やっこあらごと)の開山と称された。[服部幸雄]

2世

(1719―77)6世勘三郎の次男。1745年(延享2)2世伝九郎を継ぐ。実事(じつごと)と荒事(あらごと)に優れた。75年(安永4)8世勘三郎となり、晩年の3年間だけ座元を勤めた。[服部幸雄]

6世

(1859―1923)名古屋生まれ。1919年(大正8)初世中村芝鶴(しかく)から6世伝九郎を襲名。実事を本領とした器用な俳優で、敵(かたき)役、女方(おんながた)、老(ふけ)役も兼ねた。その養子2世中村芝鶴(1900―81)は大正・昭和の女方として活躍。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone