猿豆(読み)さるまめ

大辞林 第三版の解説

さるまめ【猿豆】

ユリ科の落葉小低木。山地に自生。サルトリイバラに似るが茎にとげがほとんどない。五月頃、淡黄緑色の小花を開く。果実は球形で赤く熟す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猿豆 (サルマメ)

植物。葵の短い頭豆。フタナリマメの別称

猿豆 (サルマメ)

植物。マメ科の越年草,園芸植物。エンドウの別称

猿豆 (サルマメ)

学名:Smilax trinervula
植物。ユリ科の落葉小低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android