コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豌豆 エンドウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐どう〔ヱン‐〕【×豌豆】

マメ科の一・二年草カフカスからイラン付近の原産といわれ、石器時代からすでに栽培。茎は、蔓性(つるせい)のものは約2メートル、矮性(わいせい)のものは高さ約25センチ。葉は羽状複葉で、先端は巻きひげとなる。品種は用途別にさまざまあり、花の色、さや・種子の大小・色などで分ける。種子を煮豆あん蜜豆に、また若いさやを食用にする。グリンピース。シュガーピース。のらまめ。文豆(ぶんどう)。 夏 花=春》「―の実のゆふぐれに主婦かがむ/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんどう【豌豆】

マメ科の二年草。ヨーロッパ原産。茎は高さ1~3メートルほどに伸び、先端に巻きひげのある羽状複葉を互生。花は腋生えきせいで、赤紫色または白色の蝶形花。豆果は長楕円体で数個の種子がある。蜜豆に入れるアカエンドウやサヤエンドウ・グリーンピースなど、いくつかの系統がある。野良豆。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豌豆 (エンドウ)

植物。マメ科の越年草,園芸植物ソラマメの別称

豌豆 (エンドウ・エンズ)

学名:Pisum sativum
植物。マメ科の越年草,園芸植物

豌豆 (エンドウ)

植物。蚕豆の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

豌豆の関連キーワードカラスノエンドウ(烏豌豆)奈良時代(年表)スナップ豌豆ピーグリーンスナック豌豆間宮 七郎平スイートピーアカエンドウ杉浦 伊作三度豆野良豆絹莢豆腐互生藊豆数個垣豆丘疹重言籬豆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豌豆の関連情報