コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子吼観定 ししく かんじょう

1件 の用語解説(獅子吼観定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

獅子吼観定 ししく-かんじょう

1819-1899 江戸後期-明治時代の僧。
文政2年6月2日生まれ。浄土宗。江戸増上寺で瑞誉(ずいよ)にまなび,学頭にすすむ。深川霊巌寺の住持をへて,明治12年浄土宗大本山黒谷金戒光明寺の法主となる。29年大僧正。明治32年1月10日死去。81歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は大野。号は高蓮社梁誉真阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

獅子吼観定の関連キーワード光子女王網野延平安斎教子歌川芳梅島本青宜昇斎一景関直吉星の屋輝雄松田秋水山本宗雄