コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子吼観定 ししく かんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

獅子吼観定 ししく-かんじょう

1819-1899 江戸後期-明治時代の僧。
文政2年6月2日生まれ。浄土宗。江戸増上寺で瑞誉(ずいよ)にまなび,学頭にすすむ。深川霊巌寺の住持をへて,明治12年浄土宗大本山黒谷金戒光明寺の法主となる。29年大僧正。明治32年1月10日死去。81歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は大野。号は高蓮社梁誉真阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

獅子吼観定の関連キーワード川合 梁定颯田諦真川合梁定明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android