コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉木西涯 たまき せいがい

1件 の用語解説(玉木西涯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉木西涯 たまき-せいがい

1835-1882 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)6年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の亀井昭陽にまなぶ。明治6年郷里の肥後(熊本県)天草郡富岡に私塾をひらく。13年京都本願寺育英学校の教師となり,井上円了,清沢満之(まんし)らの逸材をそだてた。学友に福地桜痴(おうち)がいる。明治15年9月11日死去。48歳。名は恒。字(あざな)は猷甫。通称は恒太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉木西涯の関連キーワード中内樸堂大橋陶庵有馬百鞭五十川訒堂佐原蘇楳竹内千之橋本塩巌林双橋桃節山渡辺碩也

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone