コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉舟宗璠 ぎょくしゅう そうばん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉舟宗璠 ぎょくしゅう-そうばん

1600-1668 江戸時代前期の僧。
慶長5年生まれ。山城(京都府)の人。臨済宗(りんざいしゅう)大徳寺玉室宗珀(そうはく)の法をついで住持をつとめ,茶人片桐石州が寄進した同寺高林庵,大和慈光院開山となる。茶の湯をたしなみ,一行書きの墨跡を多数のこす。寛文8年11月18日死去。69歳。俗姓は伊藤。諡号(しごう)は大徹明応禅師。著作に「春睡稿」「碧巌秘鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉舟宗璠の関連キーワード武者小路千家流

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android