コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉虫左太夫 たまむし さだゆう

3件 の用語解説(玉虫左太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉虫左太夫 たまむし-さだゆう

1823-1869 幕末の武士。
文政6年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。江戸で林復斎にまなぶ。安政3年蝦夷(えぞ)地を視察。7年咸臨(かんりん)丸で渡米。戊辰(ぼしん)戦争で奥羽越列藩同盟成立に奔走したが,藩論一変のため明治2年4月14日切腹させられた。47歳。名は誼茂(よししげ)。字(あざな)は子発。号は拙斎,東海。著作に「玉虫誼茂入北日記」「航米日録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

玉虫左太夫

没年:明治2.4.9(1869.5.20)
生年:文政6(1823)
幕末維新期の仙台藩士。名は誼茂,字は子発,通称左太夫,拙斎また東海と号す。仙台城下で玉虫伸茂の5男に生まれる。藩校養賢堂に入り斎藤真典につく。弘化3(1846)年感ずるところあって江戸に出奔。林復斎に入門,のち塾長となる。その後箱館奉行堀織部正利煕に仕え,安政4(1857)年堀に随行して蝦夷地に赴き各地を視察し詳細な記録『入北記』9巻を作成。その観察力と克明な記録は抜群である。万延1(1860)年の遣米使節派遣に正使新見豊前守正興の従者として加わり,アメリカの文物制度を視察し克明な記録『航米日録』8巻を著した。帰国後帰藩を許され,のち養賢堂学頭副役となる。文久から元治(1861~65)にかけ江戸にあり種々の情報を収集し,『官武通記』『波山記事』『夷匪入港録』など今日幕末維新史上の重要史料となるものを作成。戊辰期には奥羽越列藩同盟成立に活躍したが,仙台藩の降服により榎本武揚の艦隊に投じ蝦夷行を企てるも捕らわれ仙台に投獄され,切腹家禄没収となった。墓は仙台三百人丁保春院。<参考文献>山本晃『玉虫左太夫略伝・附航米日録』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまむしさだゆう【玉虫左太夫】

1823‐69(文政6‐明治2)
幕末の仙台藩士。一時,荒井家を継いだが,妻の病死を機に養家を辞し江戸に出て儒学を勉強しなおした。江戸の仙台藩邸順造館に寓して後輩の富田鉄之助らを教育し,1856年(安政3)幕府の箱館奉行堀利忠に従い蝦夷地を踏査した。次いで60年(万延1)外国奉行新見正興に随行してアメリカに渡り,《航米日録》を著した。戊辰戦争に際しては奥羽越列藩同盟の成立維持に努力し,藩論一変により切腹させられた。【松浦 玲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の玉虫左太夫の言及

【航米日録】より

…日米修好通商条約批准使節新見正興の従者玉虫左太夫誼茂(やすしげ)が,1860年(万延1)のアメリカ旅行から帰って書き下ろした記録。全8巻。…

※「玉虫左太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉虫左太夫の関連キーワード錦織弘景仙台平野NHK大河ドラマ秋月悌次郎草刈運太郎柴田中務高野雅楽田辺楽斎細谷十太夫宮地正人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone