玉高(読み)ギョクダカ

大辞林 第三版の解説

ぎょくだか【玉高】

芸者・娼妓しようぎの揚げ代の金額。
取引所で売買の約定が成立した数量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょく‐だか【玉高】

〘名〙
芸娼妓などをあげて遊ぶための料金の高。芸娼妓などの稼いだ高。玉代の高。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉七「稼ぎ次第に其の玉高の半分を自分の収得とする事が出来るので」
② 取引所で売買の約定が成立した数量。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「塩瀬の店では一日の玉高(ギョクダカ)の計算が終った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉高の関連情報