コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉麟詔天 ぎょくりん しょうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉麟詔天 ぎょくりん-しょうてん

?-1430 室町時代の僧。
出羽(でわ)の人。出家して律をまなぶ。曹洞(そうとう)宗に転じ,石見(いわみ)(島根県)竜雲寺瑞巌韶麟(ずいがん-しょうりん)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)に慧眼寺,忠興寺,得雲寺,栄芳寺などをひらいた。永享2年3月20日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉麟詔天の関連キーワード室町時代出羽

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android