コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞巌韶麟 ずいがん しょうりん

1件 の用語解説(瑞巌韶麟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞巌韶麟 ずいがん-しょうりん

1343-? 南北朝-室町時代の僧。
康永2=興国4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)につき出家。越前(えちぜん)(福井県)祥園寺の無端祖環(むたん-そかん)の法をつぐ。総持寺住持となり,のち能登守護畠山氏にまねかれ宗円寺の開山(かいさん)となる。応永31年(1424)総持寺にもどった。俗姓は神保。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

瑞巌韶麟の関連キーワード南北朝時代兼国(2)孝信長雅長懐道順(2)道尊(2)東師氏無言昌謹頼勝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone