コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞巌韶麟 ずいがん しょうりん

1件 の用語解説(瑞巌韶麟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞巌韶麟 ずいがん-しょうりん

1343-? 南北朝-室町時代の僧。
康永2=興国4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)につき出家。越前(えちぜん)(福井県)祥園寺の無端祖環(むたん-そかん)の法をつぐ。総持寺住持となり,のち能登守護畠山氏にまねかれ宗円寺の開山(かいさん)となる。応永31年(1424)総持寺にもどった。俗姓は神保。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瑞巌韶麟の関連キーワード洞院公賢祇園執行日記2010年参院選本門寺ビチレブ島神皇正統記ピサ市河興仙上杉清子菊池武光

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone