瑞巌韶麟(読み)ずいがん しょうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞巌韶麟 ずいがん-しょうりん

1343-? 南北朝-室町時代の僧。
康永2=興国4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)につき出家。越前(えちぜん)(福井県)祥園寺の無端祖環(むたん-そかん)の法をつぐ。総持寺住持となり,のち能登守護畠山氏にまねかれ宗円寺の開山(かいさん)となる。応永31年(1424)総持寺にもどった。俗姓は神保。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android