コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田合戦女舞鶴 わだかっせんおんなまいづる

2件 の用語解説(和田合戦女舞鶴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わだかっせんおんなまいづる【和田合戦女舞鶴】

人形浄瑠璃時代物。5段。並木宗輔作。1736年(元文1)3月大坂豊竹座初演。和田義盛一族が北条方に攻められたとき,和田義盛の三男朝比奈三郎義秀という怪力の豪傑がひとりで城門を破ったという俗説があり,それを同時代の女丈夫,板額(はんがく)にかえた作である。1721年(享保6)7月豊竹座の《呉越軍談比翼台(ひよくのうてな)》(紀海音作)中の女丈夫東施の影響があるといわれているが,本筋や世界は,1692年(元禄5)正月以前の作と推定される《悦賀楽平太(えがらのへいた)》(近松門左衛門作,大坂竹本座)に拠っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田合戦女舞鶴
わだがっせんおんなまいづる

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。五段。並木宗助(そうすけ)(後の宗輔(そうすけ))作。1736年(元文1)3月、大坂・豊竹(とよたけ)座初演。通称「板額(はんがく)」。和田義盛(よしもり)一族と北条氏との合戦を題材に、近松門左衛門の『悦賀楽平太(えがらのへいた)』をもとにして書かれた。藤沢入道の奸計(かんけい)によって起こされた和田・北条の確執を背景に、荏柄(えがら)の平太や阿佐利与市(あさりよいち)、妻板額らの活躍を描いた作。義盛の三男朝比奈(あさひな)三郎がひとりで城門を破ったという俗説を、勇婦に書き替えた二段目「板額門破り」は、実朝(さねとも)の妹斎(いつき)姫を恋の恨みで討った平太の従妹(いとこ)ということから与市に離縁された板額が、夫を助けて怪力で門を押し破る話。続く三段目の「市若(いちわか)切腹」は、板額が将軍頼家(よりいえ)の若君を助けるため、実子市若をわざと平太の子と欺いて切腹させて身替りにたてる場面で、ともに歌舞伎(かぶき)に移され、板額は女武道の代表的な役として今日に伝わっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田合戦女舞鶴の関連キーワード菅原伝授手習鑑操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃内海繁太郎並木永輔並木良輔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone