王浩然(読み)おうこうねん

百科事典マイペディアの解説

王浩然【おうこうねん】

中国近代のイスラム学者。イスラム名はハジアブトラホマン。北京生れでイスラム教徒の回族の出身。1906年イスラムの聖地メッカに巡礼。翌1907年2人のトルコ人学者を連れて帰国し,聖典《コーラン》の読み方を伝授。1911年中国回教倶進会を北京に設立するなど,イスラムの普及に貢献。また中華民国政府の成立にも尽力。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうこうねん【王浩然 Wáng Hào rán】

1848‐1914
中国近代のイスラム学者。浩然は字。名は寛。イスラム名はハジアブトラホマン。北京の人で回族。1906年(光緒32),メッカに巡礼し,ヨーロッパ各国とアジア,アフリカのイスラム国を遊歴,翌年,2人のトルコ人学者をともなって帰国し,《コーラン》の読み方を伝授させた。また北京の牛街の礼拝堂に回教師範学堂を設立した。09年(宣統1)には京師公立清真第一両等小学堂を設立。11年,北京に中国回教俱進会を設けて理事長となり,また中華民国政府の成立に尽力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android