王若飛(読み)おうじゃくひ(英語表記)Wáng Ruò fēi

世界大百科事典 第2版の解説

おうじゃくひ【王若飛 Wáng Ruò fēi】

1896‐1946
中国共産党の指導者。貴州安順県の人。日本留学中,五・四運動の勃発で帰国し,勤工倹学生としてフランスに渡り,共産主義運動に参加した。さらにソ連に留学し,コミンテルンで働いた経歴ももつ。1931年,山西で活動中逮捕され,37年に出獄,延安で中共中央の党務に従事し,中共第7回大会では中央委員に選ばれた。44年以降は主として周恩来とともに国民党との交渉にあたり,大きな役割を果たしたが,重慶より延安への帰途,飛行機事故で殉難した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android