コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤工倹学 きんこうけんがくQín gōng jiǎn xué

1件 の用語解説(勤工倹学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんこうけんがく【勤工倹学 Qín gōng jiǎn xué】

1957年後半から大躍進期にかけて中国の各級学校で展開された社会主義教育運動の一形態。知識青年を〈社会主義的自覚をもつ,教養をそなえた勤労者に育てあげる〉という毛沢東の指示(《人民内部の矛盾を正しく処理する問題について》1957年2月)が発端となった。その源は,第1次世界大戦期の1915年6月にフランス参戦華工(参戦国の労働力欠乏を補うために送りこまれた中国人労働者)の間で,無政府主義者で有名な李石曾(名は煜瀛(いくえい))が〈工作に勤め,倹にして以て求学する〉ことを趣旨に組織した〈勤工倹学会〉にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

勤工倹学の関連キーワードダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)日中関係北欧映画沖縄島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone