コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤工倹学 きんこうけんがくQín gōng jiǎn xué

世界大百科事典 第2版の解説

きんこうけんがく【勤工倹学 Qín gōng jiǎn xué】

1957年後半から大躍進期にかけて中国の各級学校で展開された社会主義教育運動の一形態。知識青年を〈社会主義的自覚をもつ,教養をそなえた勤労者に育てあげる〉という毛沢東の指示(《人民内部の矛盾を正しく処理する問題について》1957年2月)が発端となった。その源は,第1次世界大戦期の1915年6月にフランスの参戦華工(参戦国の労働力欠乏を補うために送りこまれた中国人労働者)の間で,無政府主義者で有名な李石曾(名は煜瀛(いくえい))が〈工作に勤め,倹にして以て求学する〉ことを趣旨に組織した〈勤工倹学会〉にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

勤工倹学の関連キーワード新民学会王若飛李石曽周恩来李立三鄧小平呉玉章徐特立向警予蔡暢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android