現在忠度(読み)げんざいただのり

精選版 日本国語大辞典の解説

げんざいただのり【現在忠度】

謡曲。四番目物。また、二番目物。金剛流。作者不詳。薩摩守忠度は平家都落ちの途中で引き返し、夜半藤原俊成を訪れ、自作の歌を託して勅撰和歌集を編む時には加えてほしいと頼む。俊成は承知し、名残りを惜しんで歌物語をし、忠度とともに男舞を舞う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android