二番目物(読み)ニバンメモノ

世界大百科事典 第2版の解説

にばんめもの【二番目物】

能の分類名。江戸時代,神男女狂鬼の五番立て(1日の番組編成基準に基づく分類法)を正式としたときに第2番目におかれる能。修羅物を本旨とし,《田村》《八島》《(えびら)》の勝修羅(この3番を除く修羅物は負修羅という)のほか,公達(きんだち)がシテの《通盛》《清経》《朝長》《敦盛》,老体の武者の《実盛》《頼政》,女武者の《》など約16曲ある。略二番目物として,《高野物狂》などの男物狂いや,現在物,《松虫》《錦木》などの執心遊楽物をおく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にばんめもの【二番目物】

五番立ての演能で、脇能に次ぎ、二番目に演じられる曲。修羅物。
歌舞伎で、一番目の時代物に次ぎ、二番目に上演される世話物狂言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にばんめ‐もの【二番目物】

〘名〙
① 能楽で、二番目に演じられる曲。武将が生前に戦争を事としたため、死後、修羅道に落ちて苦しむさまをえがいた能。修羅物。「八島」「忠度」など。
歌舞伎・霜夜鐘十字辻筮(1880)四幕「二番目物(にバンメモノ)の狂言へ世界違ひの楠が、独り交じって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二番目物の言及

【巴】より

…能の曲名。二番目物修羅物。…

【能】より

…曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。すなわち,脇能物はよどみなくさわやかに,二番目物はきびきびと勇壮に,三番目物は優美にしっとりと,四番目物は変化を尽くして面白く,五番目物は手強く足取り速くというのがおよその演じかたである。むろん個々の演目で違いの幅は大きいが,一応の基準にはなるのである。…

※「二番目物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android