コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二番目物 ニバンメモノ

4件 の用語解説(二番目物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にばんめ‐もの【二番目物】

能の分類で、正式な五番立ての演能の際に二番目に上演される曲。多くは武将の霊をシテとし、修羅道の苦患(くげん)を表現する。修羅物。
二番目狂言」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にばんめもの【二番目物】

能の分類名。江戸時代神男女狂鬼五番立て(1日の番組編成基準に基づく分類法)を正式としたときに第2番目におかれる能。修羅物を本旨とし,《田村》《八島》《箙(えびら)》の勝修羅(この3番を除く修羅物は負修羅という)のほか,公達(きんだち)がシテの《通盛》《清経》《朝長》《敦盛》,老体の武者の《実盛》《頼政》,女武者の《巴》など約16曲ある。略二番目物として,《高野物狂》などの男物狂いや,現在物,《松虫》《錦木》などの執心遊楽物をおく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の二番目物の言及

【巴】より

…能の曲名。二番目物修羅物。…

【能】より

…曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。すなわち,脇能物はよどみなくさわやかに,二番目物はきびきびと勇壮に,三番目物は優美にしっとりと,四番目物は変化を尽くして面白く,五番目物は手強く足取り速くというのがおよその演じかたである。むろん個々の演目で違いの幅は大きいが,一応の基準にはなるのである。…

※「二番目物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone