コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉像 かんしょうぞう conoscopic fıgure

1件 の用語解説(干渉像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干渉像
かんしょうぞう
conoscopic fıgure

集束光を偏光子を通して複屈折性結晶の薄片に入射し,それを通って生じた互いに垂直な2つの偏光成分を検光子で受けて合成すると,結晶片の各点で入射角と入射面と光軸との関係が違うため,色偏光の現れる条件が各点で異なり,等色線 (同じ色を表わす点の軌跡) の干渉模様を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干渉像の関連キーワード色偏光光軸偏光子偏光板偏光プリズム偏光顕微鏡偏光器流動複屈折フレネルの複屈折理論ミッシェル‐レヴィの図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone