干渉像(読み)かんしょうぞう(英語表記)conoscopic fıgure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干渉像
かんしょうぞう
conoscopic fıgure

集束光を偏光子を通して複屈折性結晶の薄片に入射し,それを通って生じた互いに垂直な2つの偏光成分を検光子で受けて合成すると,結晶片の各点で入射角と入射面と光軸との関係が違うため,色偏光の現れる条件が各点で異なり,等色線 (同じ色を表わす点の軌跡) の干渉模様を示す。この干渉像から結晶の一軸性,二軸性の区別とか,一軸性の正負の区別などを調べることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんしょう‐ぞう カンセフザウ【干渉像】

〘名〙 偏光顕微鏡ニコルプリズムを用いて、鉱物の薄片を観察するときに見られる像。薄片に対していろいろな角度で透過した光の像で、円環状の干渉色の縞とそれを区切る暗黒部からなる。干渉圏。コノスコープ像。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android