理学診療科(読み)りがくしんりょうか

世界大百科事典 第2版の解説

りがくしんりょうか【理学診療科】

光線,温熱,水,超音波,超短波などの物理的作用を利用して診断や治療を行う診療部門。リハビリテーション医療と非常に関係が深い診療科目で,物理療法や運動療法を含む理学療法が治療の主体をなす。種々の運動障害の改善には理学療法はきわめて有効であり,より広いリハビリテーション医療の概念で理学療法を実施するならば機能障害の改善のみならず,能力障害の改善をも果たすことができる。それは,現在の理学療法が単に物理療法のみならず種々の筋力強化や関節可動域改善,運動の改善を目的とした治療体操を多く用いるようになったためであり,同時に,四肢の欠損や体幹の変形に対して義肢・装具・車椅子など補装具をくふうして障害を克服する試みなどの専門的治療をチームワークで実行することになったためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android