コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理学診療科 りがくしんりょうか

1件 の用語解説(理学診療科の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りがくしんりょうか【理学診療科】

光線,温熱,水,超音波,超短波などの物理的作用を利用して診断や治療を行う診療部門。リハビリテーション医療と非常に関係が深い診療科目で,物理療法運動療法を含む理学療法が治療の主体をなす。種々の運動障害の改善には理学療法はきわめて有効であり,より広いリハビリテーション医療の概念で理学療法を実施するならば機能障害の改善のみならず,能力障害の改善をも果たすことができる。それは,現在の理学療法が単に物理療法のみならず種々の筋力強化や関節可動域改善,運動の改善を目的とした治療体操を多く用いるようになったためであり,同時に,四肢の欠損や体幹の変形に対して義肢・装具・車椅子など補装具をくふうして障害を克服する試みなどの専門的治療をチームワークで実行することになったためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

理学診療科の関連キーワード極超短波超音波断層法超短波VOR温熱療法ジアテルミー超短波療法超音波検査法超音波処理超音波ホモジナイザー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone