コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温熱 オンネツ

デジタル大辞泉の解説

おん‐ねつ〔ヲン‐〕【温熱】

あたたかく感じる。あたたかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんねつ【温熱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あたたかさ。
熱。 「自からの溢れる光輝と、-によつて全世界を照覧し/元始女性は太陽であつた 雷鳥
温度が高いこと。あついこと。また、そのさま。 「此の東南風は印度洋、支那海を経て吹き到る、故に本来甚だ-なるが上に/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

温熱の関連キーワードがんの温熱療法(ハイパーサーミア)セイタカシギ(丈高鷸)理学療法士と作業療法士スズ鉱物(錫鉱物)カルノーサイクル物理的アレルギーカルノーの熱効率ジアテルミー療法ハイパーサーミアディアテルミー磁性ナノ粒子パラフィン浴山本ビニタージアテルミーヒートポンプ代償性発汗日本風景論高周波療法赤外線療法膣炎・腟炎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温熱の関連情報