コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩倉 いわくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩倉
いわくら

京都市左京区の一地区。旧村名。 1949年京都市に編入。市街地の北東方に位置し,独立した小盆地をなす。古くは岩蔵,石蔵とも書いた。地名は平安京建設の際,王城鎮護を祈って四方に経本を納める石蔵を造らせたうちの一つ,北石蔵に由来。近郊農業地域であったが,近年は宅地化が進んでいる。古刹実相院円通寺や史跡の栗栖野瓦窯跡岩倉具視幽棲旧宅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐くら〔いは‐〕【岩倉】

石造りの。いしぐら。

いわくら【岩倉】[京都市の地名]

京都市左京区の地名。岩倉山大雲寺や、幕末に岩倉具視が隠棲(いんせい)した旧宅がある。[歌枕]
「花薄(はなすすき)たれをとまれと―の小野の蜻蛉(あきつ)に人まねくらん」〈新後拾遺・秋上〉

いわくら【岩倉】[愛知県の市]

愛知県西部の市。名古屋市北方にあり、住宅地として発展こいのぼり名古屋コーチン産地。人口4.7万(2010)。

いわくら【岩倉】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「岩倉」姓の人物
岩倉具視(いわくらともみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわくら【岩倉】

京都市左京区北部の地名。もと愛宕おたぎ郡岩倉村。岩倉具視ともみが隠棲した地。
愛知県北西部の市。名古屋市に近く住宅地化が進み人口が急増。鯉幟こいのぼりは特産品。

いわくら【岩倉】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩倉
いわくら

京都市左京区中南部の一地区。古くは岩蔵とも書き、平安京鎮護のため『一切経(いっさいきょう)』を納めた岩蔵が設けられたという。叡山(えいざん)電鉄鞍馬(くらま)線が通ずる。天台宗門跡(もんぜき)寺院の実相院(じっそういん)をはじめ、大雲寺(岩倉観音(かんのん))、明治維新当時、岩倉具視(ともみ)が一時隠栖(いんせい)した旧宅(国指定史跡)などがある。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩倉の関連キーワード愛知県岩倉市大山寺元町愛知県岩倉市大山寺本町愛知県岩倉市稲荷町羽根島根県雲南市加茂町岩倉愛知県岩倉市大地新町愛知県岩倉市大市場町愛知県岩倉市大山寺町愛知県岩倉市曽野町愛知県岩倉市東新町愛知県岩倉市大地町愛知県岩倉市昭和町愛知県岩倉市稲荷町愛知県岩倉市石仏町愛知県岩倉市宮前町愛知県岩倉市井上町愛知県岩倉市鈴井町愛知県岩倉市八剱町愛知県岩倉市南新町愛知県岩倉市野寄町愛知県岩倉市中本町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩倉の関連情報