コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫衣 しえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫衣
しえ

紫色の袈裟 (けさ) ,法衣総称修行僧の用いる衣の色には紫色は含まれていなかったが,唐代に朝廷から下賜された衣には紫色のものがあった。日本では玄 昉が霊亀3 (717) 年入唐して,唐朝より紫袈裟を賜わり,天平7 (735) 年帰朝後,やはり天皇より紫袈裟を賜わったのが最初であるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しい【紫衣】

しえ【紫衣】

紫色の法衣。勅許などによって高位・高徳の僧に着用が許された。しい。紫甲。 → 紫衣事件

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫衣
しえ

紫色の袈裟(けさ)や法衣(ほうえ)をいう。仏の制定したものでなく、朝廷が定めたもの。中国唐代の則天武后(そくてんぶこう)が法朗(ほうろう)ら9人に下賜したのを最初にする。袈裟は青、黒、木蘭(もくらん)の壊色(えじき)を如法(にょほう)色とするが、中国では、僧の功勲を服色に取り入れて制定した。日本でも、その制度が取り入れられ、栄西(えいさい)や道元(どうげん)も天皇より賜っている。[川口高風]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紫衣の言及

【袈裟】より

…普通には鬱多羅僧を七条,僧伽梨を九条袈裟と称しているが,平(ひら)袈裟,衲(のう)袈裟,紫甲(しこう)袈裟,遠山(とおやま)袈裟などの種別があり,僧階によりその着用が規制されている。例えば唐代では紫衣(しえ)と称し,紫色の袈裟と法衣は天子下賜のものとして重視された。735年(天平7)に帰国した僧玄昉は,入唐留学中に玄宗皇帝より三品に准ずるとして紫袈裟を賜ったが,帰国後に聖武天皇からも,紫袈裟をおくられ,僧正に任ぜられた。…

※「紫衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紫衣の関連キーワード禁中並公家諸法度ヘラノディカイ智通(2)後水尾天皇安楽庵策伝歌川芳秀永秀女王理秀女王春応禅悦雪窓宗崔聖安女王春叢紹珠玉室宗珀耕隠智訓理昌女王松庵宗栄虎渓昌隆大雲文竜玉田栄珠沢庵宗彭

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫衣の関連情報