コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球藍 リュウキュウアイ

デジタル大辞泉の解説

りゅうきゅう‐あい〔リウキウあゐ〕【×琉球藍】

キツネノマゴ科の低木。高さ50~80センチ。葉は卵形で先がとがり、対生。夏、淡紅紫色の唇形の花を穂状につける。夏から秋に茎・葉を刈り取り、藍色染料をとる。台湾・東南アジア原産で、日本では鹿児島や沖縄で栽培。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうきゅうあい【琉球藍】

キツネノマゴ科の低木。沖縄・台湾・インドシナ半島に分布。枝葉から藍をとるために栽培する。高さ50センチメートル 内外。葉は広披針形。夏、茎頂に淡紫色の唇形花をつける。キアイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

琉球藍 (リュウキュウアイ)

学名:Strobilanthes cusia
植物。キツネノマゴ科の低木状多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

琉球藍の関連キーワードインドシナ半島宮古上布淡紫色唇形花キアイ泥藍枝葉内外分布

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琉球藍の関連情報