琉球藍(読み)りゅうきゅうあい

精選版 日本国語大辞典「琉球藍」の解説

りゅうきゅう‐あい リウキウあゐ【琉球藍】

〘名〙 キツネノマゴ科低木。タイ・インドシナ・沖縄・台湾に野生し、を取るため栽植された。は高さ六〇~九〇センチメートルになり、卵形で縁にまばらに切れ込みがあり、質の厚い葉を対生する。夏、先端に長さ約五センチメートルのらっぱ形の花を数個開く。枝や葉から藍をとる。きあい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「琉球藍」の解説

琉球藍 (リュウキュウアイ)

学名Strobilanthes cusia
植物。キツネノマゴ科の低木状多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android