コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞巌竜惺 ずいがん りゅうせい

1件 の用語解説(瑞巌竜惺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞巌竜惺 ずいがん-りゅうせい

1384-1460 室町時代の僧。
至徳元=元中元年生まれ。臨済(りんざい)宗。建仁寺一庵一麟(いちあん-いちりん)に師事,その法をつぐ。建仁寺,南禅寺の住持となる。長禄(ちょうろく)4年閏(うるう)9月5日死去。77歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。法名ははじめ竜章。道号ははじめ仲建。号は蝉庵(闇),稲庵。著作に「瑞巌和尚語録」「蝉闇外藁(せんあんげこう)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

瑞巌竜惺の関連キーワード嘉慶弘和至徳意雲愚渓智至月田宗種光範門院聖快友重(3代)吉田徳春

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone