コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞巌竜惺 ずいがん りゅうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞巌竜惺 ずいがん-りゅうせい

1384-1460 室町時代の僧。
至徳元=元中元年生まれ。臨済(りんざい)宗。建仁寺一庵一麟(いちあん-いちりん)に師事,その法をつぐ。建仁寺,南禅寺住持となる。長禄(ちょうろく)4年閏(うるう)9月5日死去。77歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。法名ははじめ竜章。道号ははじめ仲建。号は蝉庵(闇),稲庵。著作に「瑞巌和尚語録」「蝉闇外藁(せんあんげこう)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瑞巌竜惺の関連キーワード仲建竜章室町時代正宗竜統元芳正楞竜惺至徳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android