コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑟瑟座 シツシツザ

デジタル大辞泉の解説

しつしつ‐ざ【××瑟座】

仏像の台座の一。角形の材を井桁(いげた)状に積み重ね、立面中央がしぼられた形にしたもの。磐石(ばんじゃく)を象徴し、不動明王に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつしつざ【瑟瑟座】

不動明王の台座。方形の材を組み合わせた整然とした形で、岩の堅固さを象徴するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の瑟瑟座の言及

【台座】より

…(3)岩座(いわざ) これは岩石の形に造った台座で,朽木を岩に見立てて用いることもあり,朽木座の称もある。岩座の系統に属するものに洲浜座や瑟瑟座(しつしつざ)がある。瑟瑟座は珠玉を指す。…

※「瑟瑟座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瑟瑟座の関連キーワード荘厳具仏像方形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android