コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律 かんきょうえいせいかんけいえいぎょうのうんえいのてきせいかにかんするほうりつ

1件 の用語解説(環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律
かんきょうえいせいかんけいえいぎょうのうんえいのてきせいかにかんするほうりつ

環境衛生関係の事業を行う事業者に対して環境衛生同業組合を結成して,一定の競争制限的な行為を決めることを内容とする法律で,独占禁止法適用除外法の一つ。環境衛生関係営業とは飲食店,喫茶店,食肉販売,氷雪販売,理容,美容,興業,旅館,公衆浴場クリーニングなどであり,不況事態が深刻化する場合には,環境衛生の立場から衛生措置が十分に行われない可能性があることを理由として,衛生立法として一定の競争制限行為を認めるものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律の関連キーワード業者事業者個人事業税卸電気事業者電気事業者環境衛生学農業サービス事業体ふ化放流事業その他の事業体衛生委員会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone