コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜膚楓 ウリハダカエデ

デジタル大辞泉の解説

うりはだ‐かえで〔‐かへで〕【××楓】

カエデ科の落葉高木。山地に生え、樹皮は緑色の地に黒い縞(しま)があり、マクワウリの実の色に似る。葉は円形で先が三つないし五つに裂ける。初夏、黄色い花が総状に垂れて咲く。材は柔らかく、楊枝(ようじ)やかごを作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うりはだかえで【瓜膚楓】

カエデ科の落葉高木。山地に自生し、高さ10メートルになる。樹皮はマクワウリの皮に似る。花は五月頃葉といっしょに出て下垂し、淡黄色。葉は秋紅葉する。材は楊枝・籠かご・箸はしなどに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瓜膚楓 (ウリハダカエデ)

学名:Acer rufinerve
植物。カエデ科の落葉高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android