コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山古墳 かなやまこふん

1件 の用語解説(金山古墳の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

かなやまこふん【金山古墳】


大阪府南河内郡河南(かなん)町芹生谷(せるたに)にある双円墳。葛城(かつらぎ)山西麓と富田林市南方に連なる丘陵との間にはさまれた、東西1km、南北約4kmの台地の芹生谷に築造された。1991年(平成3)に国の史跡に指定された。墳丘は大小2つの円丘が南北に並列し、南側の円丘は東西径44.8m、高さ8.2m、北の円丘は東西径30.9m、高さ7.2m。両丘を合わせた墳丘の主軸長は77.9mとなり、ほぼ両丘の直径の和に等しい。南北両丘には葺石(ふきいし)が認められ、墳丘の外周には周辺の土地より一段低い水田がめぐっている。北丘部分からは、横穴式石室と内部に置かれた縄掛突起を有する2基の刳()り抜き式家形石棺が確認された。南丘については詳細が不明で、出土遺物は盗掘を受けているため、ガラス玉、銀環、馬具類、鉄刀、鉄鏃(てつぞく)、土器類などわずかしかないが、北丘の石棺の形式や副葬品からすると、6世紀後半ごろに築造され、7世紀初頭ごろに追葬が行われたものと考えられ、築造当初の形状を整然と残したきわめて類例の少ない双円墳といわれている。近畿日本鉄道長野線富田林駅から金剛バス「芹生谷」下車、徒歩約3分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の金山古墳の言及

【瓢形墳】より

…瓢簞を半ば土に埋めたように,まるい高まりを二つもつ墳形が一般的であると想像して,これを瓢塚(ひさごづか)あるいは瓢形墳と呼び,その形が整って,一方が角ばったものが前方後円墳であると考えるのが,明治期の認識であった。しかし日本にも,大阪府南河内郡河南町金山(かなやま)古墳のように,実際に円墳を二つあわせた平面形をもち,周濠の外郭も瓢形につくっていて,前方後円墳とはいえない瓢形墳もある。金山古墳の場合は二つの円墳が外接する関係にある。…

※「金山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金山古墳の関連情報