コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘野老 アマドコロ

デジタル大辞泉の解説

あま‐どころ【甘野老】

ユリ科の多年草山野に生え、高さ40~70センチ。茎を斜めに出し、長楕円形の葉を互生する。初夏、緑白色で筒形の花を下向きにつける。根茎トコロに似て甘みがある。蕤(いずい)。えみぐさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまどころ【甘野老】

ユリ科の多年草。円柱状の地下茎から高さ約50センチメートルの茎をやや斜めに出す。葉は長楕円形。初夏、葉腋に一、二個の緑白色で鐘形の花を下垂する。果実は球形で暗緑色。地下茎はトコロに似た甘みをもつ。漢名、萎蕤いずい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

甘野老 (アマドコロ)

学名:Polygonatum odoratum var.pluriflorum
植物。ユリ科の多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

甘野老の関連キーワード爾古具佐爾故具佐恵美久佐地下茎似児草爾許草暗緑色鐘形葉腋漢名笑草女委和草

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android