コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生コンクリート なまコンクリートready-mixed concrete

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生コンクリート
なまコンクリート
ready-mixed concrete

レディミクストコンクリートのことで,生コン,レミコンなどと略称される。セメントに砂,砂利,水を混ぜて練ったもので,まだ固まっていないコンクリート。建設作業の合理化のため,(1) 固定ミキサー中で練り混ぜを完了し,トラックミキサーでかき混ぜながら建設現場まで運搬するもの,(2) 固定ミキサー中である程度練り混ぜ,トラックミキサー中で練り混ぜを完了するもの,(3) トラックミキサー中だけで練り混ぜを完了するものの3種類がある。普通は現場でコンクリートをつくるものよりも品質は均一であるが,交通の混雑で到着時間が遅れたり,気温が高くて輸送中にコンクリート温度が著しく上昇した場合などは,品質が変化することもある。 1949年に東京に最初の工場ができて以来,急速に普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なま‐コンクリート【生コンクリート】

コンクリート工場からミキサー車などで工事現場に運ばれる、固まっていないコンクリート。生コン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまコンクリート【生コンクリート】

まだ固まらない状態のコンクリート。ミキサー車で攪拌かくはんしながら現場に供給する。生コン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生コンクリートの関連キーワードレディーミクストコンクリートレディミクストコンクリートパシフィックシステム昭和コンクリート工業バッチャー・プラントアサノコンクリートホッパースケールバケットコンベヤ内山アドバンス日立セメント住友セメントセメント工業日本セメント大阪セメント三菱商事建材レイタンス揖斐川工業北川鉄工所光が丘興産山崎 圭次

生コンクリートの関連情報