生即無生(読み)ショウソクムショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐そく‐むしょう〔シヤウ‐ムシヤウ〕【生即無生】

仏語。三論宗で、世間一般に生じるというその生も、実は因縁によって生じる仮の生であり、無生の生であるということ。また、浄土教で、浄土に生じるというその生も、浄土が無生の世界であるので、無生の生であるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうそくむしょう【生即無生】

三論宗の中心的概念。世間的な見方で「生」と思われる現象も、実は仏の真理の立場からみれば因縁による仮の姿にほかならないから「無生」であるということ。また、浄土宗では、浄土に往生するといっても、世俗的な意味で生まれるのではないことをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐そく‐むしょう シャウ‥ムシャウ【生即無生】

〘名〙 仏語。三論宗で、常識で生ずると思うその生も、実は因縁による仮の生であり無生であるということ。浄土教では浄土に生まれるというその生は、浄土が如来の本願による無生の世界であるから、生とはいっても無生の生であると説くもの。
※浄土真要鈔(1324)末「往生といへるも生即无生(しゃうそくむしゃう)のゆへに実には、不生不滅の義なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android