コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 さと

10件 の用語解説(里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さと

鹿児島県北西部,薩摩川内市西部の旧村域。上甑島の北東部を占める。 1891年上甑村から分離して成立。 2004年川内市,樋脇町,入来町,東郷町,祁答院町,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。



li

中国の集落の名。戦国 (→戦国時代) ・代の里は集落の最小単位で,戸数は数十から 100戸ぐらいであり,大集落は里の集合であったと考えられる。里は周囲に牆壁 (柵,垣) をめぐらし,里門 (閭〈りょ〉) によって外部に通じ,監門が出入者を監視した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


尺貫法による長さの単位。令制では,中国の制にならって5尺を1歩,300歩を1里とし,1里は5町にあたったが,古代より6町を1里とする方法も行われていた。鎌倉~室町時代になると条里制の里の区画が 36町の面積であることから,36町を1里とする法が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さと【里】

(「郷」とも書く)山中や田園地帯などで、人家が集まって小集落をなしている所。ひとざと。むらざと。村落。「山からへ下る」
(「郷」とも書く)都に対して、田舎。また、ふるさと。在所。「のわらべ」
妻や奉公人などの生家。実家。「正月に帰る」
養育費を出して子供を預けておく家。「に出す」
おいたち。育ち。素姓(すじょう)。お里。
くるわ。遊里。「―ことば」
「素人の寄っても読めぬ―の文」〈柳多留・七〉
宮廷を「うち」といったのに対して、宮仕えする人が自家をいった語。
「内裏(うち)にても―にても、昼はつれづれと眺め暮らして」〈・若紫〉
寺に対して、俗世間。
「律師(りし)、山ごもりして―に出でじと誓ひたるを」〈・夕霧〉
律令制地方行政区画の一。→里(り)

り【里】

尺貫法の距離の単位。1里は36町で、3.927キロ。令制では300歩(ぶ)をいい、6町すなわち654メートルにあたる。
律令制で、地方行政区画の最小単位。大化の改新によって設置されたもので、養老令の規定では、50戸を1里として里長(さとおさ)を置き、2里以上20里以下で1郡とし、数郡で1国とした。霊亀元年(715)に敷かれた郷里制(ごうりせい)では、それまでの里を郷(ごう)と改称。
条里制で、1辺6町(約654メートル)四方の一区画。里の各辺を1町ごとに六等分して36の坪に分けた。

り【里】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]さと
学習漢字]2年
〈リ〉
村。さと。「郷里村里遊里
いなか。民間。「里謡
縦横に通る筋道。「条里制
距離の単位。また、道のり。「里程海里五里霧中千里眼
〈さと(ざと)〉「里親里心人里村里山里
[名のり]さとし・のり
[難読]巴里(パリ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

里【り】

(1)長さの単位。律令制では5尺=1歩(ぶ),300歩(5町)=1里としているが,実際には条里制で用いられた1里=6町を多用。中世以降は条里制の面積単位である36町=1里が一般化。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

り【里】

中国の地方行政単位の一。漢・唐代では一〇〇戸、明代の里甲制では一一〇戸から成る。
律令制の地方行政区画の一。五〇戸を一里とし里ごとに里長を置いた。715年、里を郷ごうと改め、郷の下に二、三の里を設定(郷里制)したが、740年ごろ、この里は廃され、以後郷として残存した。
条里制において三六〇歩(六町)四方の区画。
距離の単位。律令制では五尺を一歩とし三〇〇歩(五町)を一里とした(一般には六町一里も行われた)。近世では三六町(3.6~4.2キロメートル)。メートル条約加入後、1891年(明治24)に43.2キロメートルを一一里(一里は約3.927キロメートル)と定めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

り【里】

尺貫法の長さ・距離の単位。1里は1万2960尺、36町。約3.927km。日本では、8世紀初めから12世紀末までは6町を、16世紀末以後は36町を1里とした。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【里】より

…古代律令制下の地方行政組織の一つで,同時にまた度地法,土地表示法上の呼称としても用いられた。中国の里制(郷里制(きようりせい))の影響をうけて,日本の令制では全国を国,郡,里の3段階の行政組織にわけ,50戸を1里として里長を置き,里は〈さと〉とも称した。この里は715年(霊亀1)に(ごう)と改められ,その下にさらに2~3の里(こざと)を置く郷里制(ごうりせい)が施行されたが,739年(天平11)末から翌年初めのころに里は廃され,郷制へと移行した。…

※「里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

里の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

里の関連情報