コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生態史 せいたいしeco history

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生態史
せいたいし
eco history

主体と環境の相互によって遷移していく生態歴史,またはこの理論をモデルとして応用した人間の歴史。一系的な進化史と異なり,生態史は一定の条件の下では,共同体の生活様式の発展が一定の法則に従って進行するという平行進化 (多系進化) の考え方を基礎とする。そのため,生態史的研究という場合,ある地方あるいはある地域の人々と環境との相互作用を,共時的にではなく,通時的にとらえることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

生態史の関連キーワードきだ・みのる梅棹忠夫文明

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android