コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活療法 せいかつりょうほう

1件 の用語解説(生活療法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつりょうほう【生活療法】

精神障害者の社会復帰(リハビリテーション)の手段に用いられる作業療法を拡大した療法。長期療養による社会性の喪失を改善させる学習行動でもある。精神分裂病者などでは病状により自閉的になったり,無為の状態で過ごす者があるが,その治療手段ともなる。日常生活態度の改善を目標とする生活指導,すなわち,起床,洗面,食事,更衣,入浴等の日常生活動作の指導にはじまり,レクリエーション療法作業療法,前職業訓練などを含む一連の患者への働きかけを総括して生活療法(これに該当する欧語はない)と名づけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生活療法の関連キーワード大阪河崎リハビリテーション大学デイケアリハビリRIISRD心臓リハビリテーション職業リハビリテーション通所リハビリテーション新潟リハビリテーション大学院大学全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone