コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活療法 せいかつりょうほう

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつりょうほう【生活療法】

精神障害者の社会復帰(リハビリテーション)の手段に用いられる作業療法を拡大した療法。長期療養による社会性の喪失を改善させる学習行動でもある。精神分裂病者などでは病状により自閉的になったり,無為の状態で過ごす者があるが,その治療手段ともなる。日常生活態度の改善を目標とする生活指導,すなわち,起床,洗面,食事,更衣,入浴等の日常生活動作の指導にはじまり,レクリエーション療法,作業療法,前職業訓練などを含む一連の患者への働きかけを総括して生活療法(これに該当する欧語はない)と名づけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生活療法の関連キーワードアンチエイジング抗加齢ドック精神障害者北原 キヨ高血圧症北原キヨ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活療法の関連情報