コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物衛星 せいぶつえいせいbiological satellite; BIOS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物衛星
せいぶつえいせい
biological satellite; BIOS

バイオス。無重量状態や,宇宙空間での放射線が,生物に与える影響を調べるために,カプセル内に動植物を入れ,アメリカ航空宇宙局が打上げた衛星。 1966年 12月にバイオス1号を,カプセルにショウジョウバエ,細菌,コムギ,雑草などを入れて,ケープケネディ基地から打上げたが回収に失敗。2号は 67年9月に打上げ,12日後に回収。3号はアカゲザルを乗せて 69年6月打上げたが,サルの容態が悪化したので予定を早めて7月に回収したが,サルはまもなく死んだ。死因は長時間の無重量状態の影響と発表された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android