生生世世(読み)ショウジョウセゼ

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐せぜ〔シヤウジヤウ‐〕【生生世世】

《「しょうじょうせせ」とも》生まれ変わり死に変わって経る多くの世。未来永劫(みらいえいごう)。
「―国主大名などに再びとは生まれまじきぞ」〈菊池寛忠直卿行状記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょうせぜ【生生世世】

〘仏〙 〔「しょうじょうせせ」とも〕 生きかわり死にかわりして生を得た世。永遠。副詞的にも用いる。 「此の御経をこよひ承りぬる事の-忘れがたく候/宇治拾遺 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android