コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生糸荷預所事件 きいとにあずかりしょじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生糸荷預所事件
きいとにあずかりしょじけん

有力生糸売込商と外国商館との間に起った生糸取引にかかわる事件。 1881年9月に茂木惣兵衛渋沢喜作原善三郎らによって横浜に設立された対外商生糸取引機関である荷預所は,加盟売込商による対外商取引の独占と,荷為替金融を通じての生産流通機構の掌握を企図したものであったが,これに強く反対した外商は不買同盟を結成,荷預所からの買取り拒否という対抗策をとったため,生糸取引が 11月までの2ヵ月間停止した。しかし,10月には抜売りをするものも出はじめ,内部批判も出たため,渋沢栄一らが外商との和解に乗出し,荷預所は条件つきで解散することとなった。結果的には敗北したが,この事件を契機に生糸の売込商体制は確立していくことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きいとにあずかりしょじけん【生糸荷預所事件】

1881年に横浜における生糸取引方法の改革を主張する生糸売込問屋らとそれを阻止せんとする外国商館との間で生じた紛争。茂木惣兵衛,原善三郎,渋沢喜作ら横浜生糸売込問屋は,従来外国商館が現物を引き込んで検査,計量を行っていた取引を弊害が多いと批判し,検査,計量を連合生糸荷預所で行う見本品取引に改め,同所を通じて輸出生糸流通を独占的に掌握しようとした。外商は一致して取引を拒否しつつ対抗し,9月下旬から11月中旬まで約2ヵ月にわたり外商への生糸売込みは途絶した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android