産後うつ(読み)さんごうつ(英語表記)Post-partum Depression

知恵蔵mini「産後うつ」の解説

産後うつ

出産後に起こる生活環境の変化や責任の増大などにより、女性やその夫が抑うつ状態になること。うつ病の一分類として「産後うつ病」(略称・PPD)ともいわれる。主に母親育児を担当すること、また出産を機に女性ホルモンの分泌が急激に変化することから、女性が産後うつになることが多い。女性の発症率は、欧米で10~30%とされている。出産の2~3週間後から食欲意欲減退や睡眠障害、不安といったうつ症状が始まることが多く、数か月、数年単位で続くこともある。子への虐待自殺無理心中などにもつながりうることから、日本では2001年からの母子保健行動計画「健やか親子21」で発生率の減少を目標に掲げ、対策に取り組んでいる。16年1月には、国立成育医療研究センターなどのチームが、妻が出産した後の夫の2割弱が産後うつの傾向を示すとの調査結果を発表した。

(2015-1-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android