コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産後クライシス さんごくらいしす

1件 の用語解説(産後クライシスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

産後クライシス

出産や育児により、良好な夫婦間家が築けなくなり、最悪の場合離婚にまで至ってしまう現象のこと。これまで「産後ブルー」「育児ノイローゼ」といった言葉で、おもに母親側の視点からとらえられていたものを、2012年9月5日に放映されたNHKの「アサイチ」で夫婦関係・社会現象としてとらえなおし、産後クライシスとの名称で位置づけた。番組で参考としたのは、ベネッセ次世代育成研究所が06〜10年にかけて288組の夫婦を対象に行った調査(分析:お茶の水女子大学・菅原ますみ教授)と、番組が行った約1200人へのアンケート。子供の年齢が0、1、2歳と上がるにつれ、「夫(妻)への愛情を実感する」割合が、妻・夫ともに減少する(特に妻側が急激な減少を示す)ことが示され、その原因として「出産後の家事育児への非協力、理解不足、ねぎらいの言葉の不足」などがあげられた。

(2012-09-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産後クライシスの関連情報